兼元牛刀

孫六兼元(まごろくかねもと)は、室町後期に美濃国で活動した刀工である。
兼元の名は室町時代から江戸時代を経て現代にまで続いているが、そのうち2代目を特に「孫六兼元」と呼ぶ。

“兼元”は豊栄の登録商標です。
商標登録第4463269号

兼元 日本鋼 共口金 黒合板柄
関古来の日本刀の製法に素材を吟味して新しい技術(特殊熱処理加工)を加えて製造されていますので切れ味、耐久力は群を抜いております。

兼元 INOX 共口 黒合板柄
サビに強く、破断力に優れたモリブデン鋼を使用し伝統の古武鍛刀法に新しい技術を加え、独特な特殊熱処理に依り最も理想的な高度を得、切味、耐久力とも抜群な本職用庖丁です。

兼元は室町時代から続く、美濃の国、関の刀工一派である。

その中で特に名高いのが二代目 孫六兼元。 通称、「関の孫六」で、その名は「正宗」「村正」と共に広く世に知られている。

孫六兼元の刀は、特に波紋が美しく、まるで杉の木立ちの如く見えることから、「三本杉」と呼ばれ、また切れ味も実に鋭い。

例えば、織田徳川軍の青木一重が帯刀していた「青木兼元」は姉川の戦いの際、身の丈六尺四寸八分もあった北国一の豪傑、朝倉軍の真柄直隆を一刀両断したとされる。

また、下記の「二念仏」の名は前田利家の次男、利正が行列先を横切った者を無礼討ちにした際、あまりの鋭さに斬られた者が気付かぬまま、念仏を二度唱えて絶命したことに由来する。

さらには、武田信玄、豊臣秀吉が愛用したことから、江戸時代になると、孫六兼元の刀は最上大業物に位付けされている。