日本鋼 共口金 黒合板柄 巾広牛刀 角付 特殊庖丁

製品の説明

関古来の日本刀の製法に素材を吟味して新しい技術(特殊熱処理加工)を加えて製造されていますので切れ味、耐久力は群を抜いております。
そして、研ぎ直しの容易さをも兼ね備えた理想的な庖丁です。

製品仕様

刃材
SK4(日新製鋼 特殊鋼)
刃付け
両刃
口金・鍔
共口金
柄材
カワザクラ圧縮黒染め(黒合板)
なかご
合せ柄型(本通し)
焼入
760~780度 硬度67度
焼戻
180~190度 硬度63度(30分後)
仕上
(研削・研磨) 硬度60~62度
原産国
日本 関市

商標登録

商標登録第4156561号

種類・サイズ

品名サイズ
牛刀270mm
牛刀300mm
牛刀330mm
牛刀360mm

ご注意

ご使用後は、湯(又は水)で洗い乾いた布で刃先に注意して拭いて下さい。
いつまでもキレイに清潔に保てます。
切れ味を保つため時々研いで下さい。

※冷凍食品は、解凍してから切るか又は冷凍用の庖丁をご使用下さい。
※お子様の手の届かないところに保管して下さい。
※本来の使用目的、調理以外にはお使いにならないでください。

※画像の色合い・サイズ・材質などは、都合により実際の商品と若干異なる場合がございます。予めご了承下さい。
※製品やパッケージの仕様は予告無く変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※当サイトに掲載されていない商品でも、ご希望のものがございましたら、是非お問い合わせ下さい。