和庖丁一覧 製品のご紹介

豊栄では水野鍛錬所の製品をお取り扱いしております。

豊栄では大阪堺市 水野鍛錬所の製品をお取り扱いしております。
詳しい庖丁の種類・サイズ等は水野鍛錬所オフィシャルサイトでもご確認いただけます。

水野鍛錬所

明治5年創業の日本刀・包丁を鍛える大阪府 堺市を代表する工房。
大戦後の法隆寺大改修時、国宝五重塔九輪の四方にあげられている「魔よけ鎌」を鍛造して奉納、全日本学生相撲選手権優勝者へ贈られる刀の鍛刀もしています。

水野鍛錬所

柳刃庖丁
関西型刺身庖丁で、菖蒲の葉に似ているので正夫(しょうぶ)とも呼ばれています。

蛸引き庖丁
関東型の刺身庖丁で、刃元から切っ先まで峰の線と刃道が平行で先が四角いため流し物の切り分けにも便利です。

河豚引き庖丁
河豚の上身を切り分けたり刺身にする専用の庖丁です。柳刃より峰の厚みがより薄手で身幅も狭く、刃道も直線的なのが特徴です。

鎌薄刃庖丁
関西型薄刃庖丁です。切っ先で飾り切り、へぐ、そぐなどに使い、刃元では野菜の皮を剥いたり、くり抜く。中央部分では桂むきやけん、つまなどの細工、面取り、きざみなどに使い分け、用途が広い庖丁です。

江戸薄刃庖丁
関東型薄刃庖丁です。峰と刃道が平行で、切っ先が四角い。切っ先が少し曲がっているので飾り切りや細工には不向きです。

本出刃庖丁
刃渡りの下四分は叩き用、上六分はさばきや身おろし用に使い分けます。

相出刃庖丁
本出刃より細身で峰の厚さが薄手なのが特徴です。硬い骨の切断にはやや不向きですが軽量なため使いやすい庖丁です。

卸出刃庖丁
相出刃と同型で、二枚おろしや切り出し等、広い用途で使えます。

小出刃庖丁
鯵や小鯛の骨切り、小さな魚の処理には欠かせない庖丁です。


鋼付き 朴柄 藤巻き 蕎麦切り
鋼付き(割込み)の本格派 蕎麦切り庖丁です。表面はステンレスなのでサビにくく、刃は日本鋼ですので切味抜群です。専用の布袋付きです。

鋼付き 共柄 紐巻き 蕎麦切り
鋼付き(割込み)の本格派 蕎麦切り庖丁です。表面はステンレスなのでサビにくく、刃は日本鋼ですので切味抜群です。専用の布袋付きです。

ステンレス 朴柄 藤巻き 麺切り
ステンレス製の麺切りです。饂飩切りや、正月などに餅切りとしてもご使用いただけます。両刃刃付けの製品です。

豊栄 黒打ち 万能小出刃
野菜・魚・肉などいろいろな料理に使用できるマルチタイプの小出刃です。

豊栄 黒打ち 万能庖丁
野菜・魚・肉などいろいろな料理に使用できるマルチタイプの万能庖丁です。