水野鍛錬所のご紹介

水野鍛錬所 大阪府 堺市

明治5年(1872年)ほぼ現在地で創業したという、日本刀や包丁を鍛える工房です。
第二次大戦後まもなく行われた法隆寺の大改修のとき、国宝五重塔の九輪の四方にあげられている大きな「魔よけ鎌」を鍛造し、昭和27年(1952年)に奉納しています。
「魔よけ鎌」は300年に一度かけかえられるとのことですが、法隆寺の1300年前ともいわれる古釘を集めて作られています。
「魔よけ鎌」と心柱の釘が店内におかれていて、実際に手に持つことができます。
また、全日本学生相撲選手権優勝者へ贈られる刀の鍛刀もしており、元横綱輪島関をはじめ朝潮関や現大関琴光喜関などもここで鍛えられた刀を持っておられるとのことです。

水野鍛錬所 お問い合わせ

大阪府堺市堺区桜之町西1-1-27
TEL:072-229-3253 FAX:072-228-1354
営業時間 平日9:00~18:00 土、日、祝日11:00~16:00

アクセス

水野鍛錬所

阪堺線綾ノ町駅北徒歩5分
近くにコインパーキング有

水野鍛錬所

水野鍛錬所製品の詳しい庖丁の種類・サイズ等はオフィシャルサイトよりご確認下さい。