いらっしゃいませ。

豊栄は平成3年(西暦1991年)に、刃物の町で知られる岐阜県関市にて創業いたしました。 ここ関市は鎌倉時代より刀祖「元重」が刀鍛冶に最も適した場所だと移り住んだことより始まり、 「関の孫六」「兼元」「兼定」など幾多の刀匠を有した一大産地として栄えたと伝えられています。 刀匠の伝統と技術が継承される関の刃物を中心に、確かな商品を全国各地へご提供いたします。

豊栄のご紹介

新商品のご紹介

AUS10 鎚目 三層鋼 共口金 切付包丁

海外から注目を集めている切付型の包丁です。 ブレードの芯材には愛知製鋼のAUS10を使用した三層鋼を使用しています。

ステンレス製 パン切り 茶合板柄

ステンレス製のパン切包丁です。刃先は波刃に仕上げてありよく切れます。

TY-230 ステンレス製 焼肉用キッチンバサミ

焼いた肉を切り分けやすくする為、従来のキッチンバサミよりも刃渡りを長くした商品です。

ステンレス製 ブドウ鋏

しっかりとしたギザ刃が付いるので果軸や支梗も難なく切ることができます。

独自の分業制で造られる関の刃物

帯刀が当たり前だった時代でも刀匠(刀鍛冶)だけでは刀は完成しませんでした。刀の形こそ鍛冶師が造りますが、白金師がハバキを造り、鞘師が鞘を造り、柄巻師が柄を作り、研師が研ぎ上げることで刀は出来上がります。 現代の刃物産業においても、プレス屋、自研(自動研磨)屋、水研屋、溶接(口金を付ける)屋、柄付屋・柄バフ屋、など多種多様な職人が分業して生産をしております。 各工程が専門業だからこそ、職人達は皆自分の仕事にプライド持ち妥協を許さず仕事をします。結果、製品のどの部分を見ても高品質な製品が量産できるのです。

包丁の製造工程

オリジナル製品

兼元

関の孫六で有名な刀匠「孫六兼元」の銘「兼元」(商標登録第4463269号)

クリッパー

皆様に愛されて数十年。関市産の皮むき・ピーラーといえば「クリッパー」

みみくりん

先端が三枚の円盤状になった関市産の西洋風耳かき。(商標登録第4009570号)

刃物産業の発展を願う

全国有数の刃物産地である岐阜県関市は、他の刃物産地である大阪府堺市、兵庫県三木市、島根県安来市、高知県香美市、福井県越前市、新潟県三条市・燕市などとの交流も多くあります。 毎年催される「関市刃物祭り」では、刃物産業の発展を願うと共に、さまざまな刃物が並ぶ「刃物廉売市」が開かれ、良質な商品が得値で販売されることもあり大いに賑わいます。

関市のご紹介

製品のご案内

株式会社 豊栄

501-3917 岐阜県関市北天神1-1-8
受付時間:平日 AM9:00 - PM5:00
TEL:0575-24-0618 | FAX:0575-23-6139